耐性菌にも効果的

the colorful drugs

男性の場合は尿道の違和感や排尿時(おしっこのとき)の痛み、先端から透明な膿が出る、など。女性の場合は自覚症状が出にくいのですがおりものの量が増加したり違和感があったり……このような症状が出た場合には、クラミジアに感染している可能性があります。
その3~7日前に性行為をした覚えがあるなら、ほぼ確実に感染していると見ていいでしょう。
こうなってしまったとき取るべき手段は、まず泌尿器科クリニックに行くこと。そしてクラミジア菌を死滅させて症状を消してくれる抗生物質を処方してもらうことです。クラビットも処方される薬のひとつですが、最近ではジスロマックという薬もよく処方されています。
ジスロマックは、クラビットに比べると飲みやすさという点で優れている薬です。
クラビットは数日間にわたって薬を服用する必要がありますが、ジスロマックは特に症状が軽い場合1回の服用でもクラミジアを感知させることができます。そのような理由から、処方薬として真っ先に出されるのはジスロマック、ということになっているのです。

ただし、最近ではこのジスロマックに対する耐性菌を持つクラミジア菌も発生しています。
ジスロマックの主成分はアジスロマイシンで、細菌が生命を維持するために欠かせない「タンパク質合成」を防ぐことで死滅させていく働きがありますが、アジスロマイシンによる攻撃をブロックできる耐性菌が出ているのです。
そんなとき、クラビットが活躍します。病院で処方されたジスロマックが効かなかった……飲んで1週間になるのに全然効果がない!となると絶望してしまいそうになりますが、安心してください。耐性菌は、アジスロマイシンはブロックできてもクラビットの主成分であるレボフロキサシンはブロックできません。
薬を切り替えることで、この場合もしっかり完治させることができます。